タグ「政治」

価値創造を巡る三つの視点

効用(限界効用説)

唐突ですが、経済生活における「物」の価値は、何によって決まるのでしょうか? また、その価値を生み出しているのは、誰なのでしょうか? 初めに、いわゆる「効用」という観点から、これらを考察していきます。

付加された価値

一般に、何らかの商品が、競合商品よりも売れるようにするためには、「付加価値」が必要だと言われます。もしくは、「付加価値」があるからこそ、その商品は他のものよりも売れるとされます。そして、商品開発とは、付加価値を創造することだとされています。

価値の有用性としての効用

付加価値を持つものは、そうでないものよりも多くの有用性があり、人々はその有用性を求めて商品を購入します。もちろん、有用性とは購入者にとって得になるものであり、その効用に対する期待度が、購入動機となります。そして、購入者は効用に対価を支払うことになるので、効用の有無や大小が、経済生活の価値を体現することになります。

また、今日の産業構造において、効用は“物”(=財)に付随するだけでなく、様々なサービスにも含有されています。実際、工業化以降の社会では、サービス業や情報通信業によって、無形の効用が氾濫しているかのように見えているのではないでしょうか。そして、価値の創造者、すなわち「クリエイター」とは、有形よりは無形の付加価値を、より多く生み出せる人々に冠せられた称号だと言えます。

効用による価値表現

高付加価値な商品は、より多くの利益を生む出す可能性がありますが、一方で、世の中には低い価値の商品もたくさん販売されています。例えば、1杯数千円のラーメンが高級店で供される一方で、100円未満のカップ麺をスーパーで買うことができます。

こうした価値の偏差の存在も、効用が説明しようとします。すなわち、ある人が高級ラーメンからは「自分へのご褒美」といったような一過性の効用を得て満足することもあれば、日々の生活レベルに収まる範囲で「毎日ラーメンが食べたい」という効用を得るため、低価格カップ麺も買うといった具合です。そうした効用に適合するのであれば、高額商品も廉価商品も、価値を生むという理屈です。

もちろん、人類全般の社会格差に応じて、金持ちはあらゆるレベルの効用が獲得可能であり、貧乏人は廉価な大量生産品で充足可能な効用が与えられ、経済生活の秩序が成り立っていると捉えることもできるでしょう。

心理現象としての効用

しかし、効用によって説明された「価値」は、実のところ、その配分を説明しているだけであって、それがどのように生み出されているかについては答えてはいません。他の商品に対し、当該商品には付加価値があるという表現は、価値の大きさを比較しているのであって、価値の量について語っているに過ぎません。

では、商品の有用性が価値なのでしょうか? 確かに、物の有用性は、それに対する期待や幻想を含めて、当該商品に人を惹き寄せる要因です。しかし、それは人の心の中で、人それぞれに異なる強さを持って生じる、心理的な現象です。

そうした心の領域に生じるものが、なぜ、商品価格を携えて、市場に現れるのでしょうか? その、物質的な基礎もしくは裏付けは、いったい何なのでしょうか? すなわち、「効用に価値がある」と言っているだけでは、価値そのものが何であるかを語ってはいないのです。

「価値創造を巡る三つの視点」の続きを読む→

アラブ・ユダヤ問題の歴史的背景

「アラブ・ユダヤ問題の歴史的背景」の続きを読む→

謝罪からの解放

今日は、日本が第二次世界大戦で敗北した日。一方でそれは、日本が植民地支配したアジア諸国が、解放された日です。様々な民族的感情が交錯するこの日を前にして、韓国の大統領はいわゆる「竹島」を訪問したり、さらには天皇に明確な「謝罪」を要求したりと、自国の民族感情を煽るような政治的パフォーマンスを行いました。

こうした行為に怒り心頭の日本人もいるようですが、同じようなパフォーマンスは、例えば東京都知事の石原慎太郎が、いわゆる「尖閣諸島」の土地買い上げ騒動を起こしているように、そして今日も靖国神社へ参拝する政治家連中がいるように、日本でも繰り返し行われてきました。 「謝罪からの解放」の続きを読む→

UXの政治的考察

先の記事(「Windows 8におけるCorelDRAW」)にも書きましたが、Windows 8では、新たなユーザー体験(User eXperience)の創出や提供が図られている、という考え方があるようです。

パーソナル コンピューターにおける従来型のUXは、ドキュメントの作成や編集に依拠したもので、「ドキュメント生産型」のUXとして、捉えることができます。一方、インターネットでのページ閲覧や検索といった、ポストPC的なUXは、「ドキュメント消費型」なのかもしれません。そして、メールやSNSでのメッセージのやり取りのような、小規模なドキュメント生産とその消費は、2つのUXの中間に当たる「ドキュメント参加型」とでも呼べばよいでしょうか。 「UXの政治的考察」の続きを読む→

ギリシャは遠い国?

僕は小学生ぐらいの頃から、歴史が好きでした。その基になったのは、たぶん、子供向けのギリシャ神話の本を読んだことだと思います。もしくは、その頃、「イアソンと黄金の羊」冒険譚を題材にした映画(特撮は、レイ・ハリーハウゼン)をテレビで見て、古代ギリシャとその神話世界に魅かれたのかもしれません。そこから、エジプト、マヤ、インカなど、世界の古代文明に興味が広がっていきました。同じころ、やはり子供向けの「古事記」も読んだのですが、火の神を産んだために焼けただれて死んだイザナミの話、そのあとのイザナギとイザナミの「黄泉の国」でのやり取りなど、こちらはおぞましくて好きにはなれませんでした。その本の後書きには、日本神話は「血なまぐさいギリシャ神話とは違う」といった解説が書いてあり、「だからといって日本の神話も美しい話じゃないぞ」と思った、その違和感を未だに持ち続けています。まあ、大人になってから古事記・日本書紀も、ギリシャ神話も、考古学的趣味から、また読み返したこともありますが、神話の中にある人間の残酷さは大差ないと思います。 「ギリシャは遠い国?」の続きを読む→

トーチウッドとドクター・フーの比較的考察

トーチウッド

キャプテン・ジャック・ハークネス

数年前、CATVの海外ドラマ専門局で、「秘密情報部トーチウッド」というドラマの放映が始まりました。“秘密情報部”などという冠が付いていたので、スパイアクションものかと思ったのですが、内容はSFサスペンスといったところでしょうか。イギリスBBC(ウェールズ)制作のドラマです。

その内容は、謎めいてはいるけれど魅惑的な人物、キャプテン・ジャック・ハークネス(Captain Jack Harkness)を長とする、「トーチウッド」(Torchwood)という政府にも属さない少人数の秘密組織が、ウェールズのカーディフという街を拠点に、そこの時空の裂け目から侵入する数々のエイリアンと闘う、といった、ある意味、ありふれた話です。私も、初めは何となく見ていただけでしたが、シーズン2、そして3と話が進むにつれて、月並みながら引き込まれて行きました。

キャプテンとイアント

大枠としては、キャプテンを中心に、その4人の仲間たちとの人間関係を織り交ぜたヒーロー・ドラマなのですが、たとえば、チーム内の事務方として地味な役割を演じている、イアント・ジョーンズ(Ianto Jones)。彼は、エイリアンにサイボーグ化された恋人を、仲間に隠して基地内に匿っていたのですが、彼女を人間に戻そうと画策するも裏目に出て、協力者の日本人科学者はドラマの冒頭で無残に殺害され、偶然基地にピザを届けに来た女性は体を乗っ取られ、揚句、恋人はトーチウッドの面々に殺されてしまうという、惨憺たる内容でした。

普通なら、ここでイアントは自らトーチウッドを辞めるか、クビにされるのがオチなのでしょうが、彼は鬱々とした感情を残したまま、チームに残ります。さらに、いつの間にか、キャプテンと恋人同士になります。ちなみに、キャプテンを演じるジョン・バロウマン(John Barrowman)は、舞台俳優出身で歌手でもあったりするのですが、ゲイであることを公言しています。その彼本人のキャラクターを、そのままドラマに反映させて、キャプテンは男も女も愛することができる人、という設定なのです。たまに、キャプテンとイアントは、一緒にダンスを踊ったり、オフィス・ラブごっこなどもしていたりします。

キャプテンの出自

また、シーズン1の終りのほうでは、キャプテンの過去の一部、といってもその名前の由来が明かされる話があります。キャプテンと仲間のトシコ・サトウ(彼女は役の上でも、俳優自身も日本出身)が、第二次大戦中のロンドンにタイムスリップするのですが、そこで、「本物」のキャプテン・ジャック・ハークネスと出会います。彼は、アメリカ空軍の義勇兵であり、その出会いの翌日の出撃で、戦死することになっています。トーチウッドのキャプテンは、記録上から彼の名前を拝借しただけだったのです。まあ、ウルトラセブンが、炭鉱労働者(!)だった人間・モロボシダンの名前を借りたのと、似たような話です。

さて、その「本物」のハークネスですが、出撃前のパーティーで、先に帰った恋人の後を追うべきかどうか、逡巡します。彼の行く末を知っている「偽」キャプテンは、後悔するなと後を追うことを勧めたのですが、結局、彼は会場に戻ってきます。なぜなら、彼は、世間体のために彼女と付き合っていたのであって、ほんとうは今出会った「偽」キャプテンに、恋をしたのでした。そう、彼もゲイだったのです。そして、二人のキャプテンのダンスとキスシーンの後、「偽」キャプテンは光り輝く時空の裂け目を通って、現代へ帰ります。

これを文字で表すと、なんだか気色悪い話だと思う人も多いかもしれませんが、ドラマ自体はとても感動的に演出され、私も涙してしまいました。確か1980年代の話だったと思いますが、イギリスの貴族院議員が、ゴシップ紙に同性愛者であることを暴露され、辞職に追い込まれた、などというニュースを新聞かテレビで見かけたことがありました。それから20年ちょっと、英国の国営放送で同性愛が、興味本意ではなく、堂々と描かれるようになったということは、人間の意識の変革も、少しは進んだということかもしれません。

イアントとの別れ

ちなみに、トーチウッドのシーズン3は、全5話のミニシリーズなのですが、非常に暗い結末で終わります。そのひとつとして、イアントが死んでしまいます(その前に、シーズン2でメンバー2人も死んでしまいますが…)。このエピソードでの、キャプテンとイアントとの別れのシーンも、他と比べられないぐらい感動的です。キャプテンは、不死の身なのですが、死にゆくイアントと、次のような会話が交わされます。

イアント「僕のことを、忘れないで。でも、千年も経ったら…忘れる?」

キャプテン「いや、忘れない。約束だ。」

といったように、「トーチウッド」は、同性愛も異性愛も描き、エイリアンとの闘いでは残虐なシーンも多く、「大人向け」とされているようです。そして、実は、トーチウッド自体は、別のドラマの番外編、いわゆる「スピンオフ」シリーズなのです。

「トーチウッドとドクター・フーの比較的考察」の続きを読む→

krzm.jp:not(so-called mobile friendly)