タグ「X7」

Welcomeスクリーンのフォント変更

Welcome スクリーンのフォント表示

CorelDRAWやPHOTO-PAINTの日本語版インターフェイスでは、タイトルバーやコマンド名の表記はメイリオ(Meiryo UI)フォントで表示されるものの、ダイアログ内のテキスト等はMSゴシック(MS UI Gothic)のままでした。それが、X7では全面的にメイリオに変更され、可読性が向上しています。

しかし、X7でも唯一、(通常は)MSゴシックで表示されるインターフェイスがあります。そう、X7で大幅に改良された、「Welcome スクリーン」です。X7では、ドキュメントの表示にタブ インターフェイスが用いられるようになりましたが、「Welcome スクリーン」はそのタブの一つとして、起動時に表示されます。そして、この”ドキュメント”のテキストでは、日本語全角文字のフォントにMS Pゴシックが使用されています。

ほとんどのインターフェイスがメイリオの中で、ここだけ古臭い印象を受けるほか、半角英数字は欧文サンセリフ書体(たぶんArial)なので、やや違和感もあります。一定の文字サイズまで、MS Pゴシックはビットマップフォントで表示される点も、こうした印象を後押ししています。

「Welcomeスクリーンのフォント変更」の続きを読む→

CorelDRAW X7 Update 1提供開始

機能の拡張

Corel社より、CorelDRAW Graphics Suite X7 Update 1の提供が開始されました。
Update 1で拡張された機能は、以下の3点です。

  1. ウインドウの枠色変更
  2. ステータスバーの上部表示
  3. VBA オブジェクトモデルの拡張

ウインドウの枠色

X7では、アプリケーションやダイアログ ウインドウやの枠色が、白色に固定されていました。それを、「オプション」ダイアログの「カスタマイズ」-「ウィンドウの枠」カラーボックスで指定できるように変更されています。このボックスをクリックするとカラーパネルが表示され、色を選択できるほか、スポイトツールでWindowsデスクトップから色を拾ってくることも可能です。

ただし、ここで指定した色は、各ウインドウ枠に常に表示され、非アクティブ ウインドウも同じ色になります。また、設定した色は、すべての作業環境に反映されます。さらに、「オプション」ダイアログで「コントラスト」の項目を変更すると、「ウィンドウの枠」は白色に戻ってしまうので、操作順序には注意が必要です。

ステータスバーの上部表示

従来(X6まで)、CorelDRAWやPHOTO-PAINTでは、ステータスバーをアプリケーション ウインドウの下辺だけでなく、上辺にも表示させることが可能でした。X7では、そのオプションが無くなっていたのですが、Update 1で復活したということです。

具体的には、ステータスバーを右クリック→コンテキストメニューの「カスタマイズ」-「ステータスバー」に「位置」項目が復活し、「上端」もしくは「下端」が選択できるようになっています。

VBA オブジェクトモデルの拡張

これは、VBAを利用したCorelDRAWのアドオンプログラムの作成をより容易にするため、新しいAPIセットを追加したというものです。


以上のように、今回のアップデートでの本質的な機能拡張はVBA関連で、他の2つはオマケのようなものです。私自身には、VBAプログラミングを行う技量は無いので、今回のアップデートはウインドウ枠の色を変えて楽しむ程度のものでした。なお、プレミアムメンバーシップの特典である「新機能の早期追加」は、今年後半に予定されているUpdate 2で行われることになります。

「CorelDRAW X7 Update 1提供開始」の続きを読む→

プロパティバーに「テクスチャ塗りつぶし」を常時表示する

はじめに

先に「CorelDRAW X7で刷新された塗りつぶし機能」で紹介したとおり、CorelDRAW X7では、インタラクティブ塗りつぶしツールのプロパティバーは再編され、「テクスチャ塗りつぶし」のアイコンはドロップダウンリストの中に収められてしまいました。
もしも、「テクスチャ塗りつぶし」を愛用するなら、このアイコンがリストの中ではなく、常時表示されるようにしたいと考えるのは必定です。おっと、“必定”なんて言葉は、仏教用語らしいですね。では、常時表示は「決して答えてはならない、日常に潜む宇宙最古の問い」であると言い改めたうえで、その手順を紹介しましょう。

「プロパティバーに「テクスチャ塗りつぶし」を常時表示する」の続きを読む→

CONNECT X7 ライブラリ登録の修正

はじめに

X5以来、CorelDRAW Graphics Suiteに付属してきた、作品やクリップアート等のコンテンツを管理する「Corel CONNECT」。いわゆるクラウド ストレージのOneDriveを介したトレイ同期機能も追加され、X7でも健在です。まあ、CorelDRAW Graphics Suiteの場合、CorelDRAWとPHOTO-PAINTを除き、他のアプリケーションは前触れもなく消えてしまうことが多いのですが、CONNECTは3代目まで、無難に続いています。

そしてCONNECTは、自身がまだ存在していなかった時代のGraphics Suite付属クリップアートまで、管理できるようになっているのですが、そこには少し問題があります。 「CONNECT X7 ライブラリ登録の修正」の続きを読む→

CorelDRAW X7で刷新された塗りつぶし機能

インタラクティブ塗りつぶしツール

CorelDRAWは、従来から「インタラクティブ塗りつぶしツール」を中心とした、特徴的な塗りつぶし機能が装備されていました。X7では、この塗りつぶし機能に多くの手が加えられ、刷新されています。 「CorelDRAW X7で刷新された塗りつぶし機能」の続きを読む→

プレミアムメンバーシップでのX7アップグレード

概要

CorelDRAW Graphics Suite X6で、プレミアムメンバーシップに加入している場合、その会費(年間1万円)を支払いメンバーシップが継続されている間は、X7へのアップグレードが可能です。

ただし、X6のアップデートのように、更新プログラムをダウンロードしてX6を上書きするわけではありません。別途、シリアル番号とX7自体のセットアップファイルを入手する必要があります。 「プレミアムメンバーシップでのX7アップグレード」の続きを読む→

CorelDRAW X7 登場

というわけで、何かの前触れとは、新バージョン「CorelDRAW Graphics Suite X7」の登場のことでした。

CorelDRAW X7の画面
CorelDRAW X7の勇姿。表示している私のイラストは、X7のギャラリーにも掲載されている

前バージョンより、CorelDRAWメンバーシップが創設され、プレミアムメンバーシップの場合はそのままX7へアップデートできることもあり、最初から日本語版も用意されています。

なお、アップデートの方法や、新機能等の紹介は、追って掲載していきます。

krzm.jp:not(so-called mobile friendly)