タグ「Windows 8」

UXの政治的考察

先の記事(「Windows 8におけるCorelDRAW」)にも書きましたが、Windows 8では、新たなユーザー体験(User eXperience)の創出や提供が図られている、という考え方があるようです。

パーソナル コンピューターにおける従来型のUXは、ドキュメントの作成や編集に依拠したもので、「ドキュメント生産型」のUXとして、捉えることができます。一方、インターネットでのページ閲覧や検索といった、ポストPC的なUXは、「ドキュメント消費型」なのかもしれません。そして、メールやSNSでのメッセージのやり取りのような、小規模なドキュメント生産とその消費は、2つのUXの中間に当たる「ドキュメント参加型」とでも呼べばよいでしょうか。 「UXの政治的考察」の続きを読む→

Windows 8におけるCorelDRAW

マイクロソフトの次期OS、「Windows 8」は着々と開発が進んでいるようですが、6月1日には、リリース候補版に相当する「Release Preview」が一般にも公開され、試用できるようになっています。

http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/release-preview

私も、ちょうど先月末、CPUとマザーボードを取り換えたので、そのついでにパソコンのOSもWindows 8 Release Preview 64bitに切り替えてみました。「Metro」と呼ばれる新しいインターフェイスが導入されたこともあり、Windows 8の新しい操作方法に慣れる必要があるので、使う前は「いったい、Metroってなんだ?」という気後れ的なものも感じていました。まあ、初めてパソコン、というよりワープロを使った時(1980年代前半頃のことです)、「いったい、キーボードってなんだ? どうやって文字を入れるんだ?」と躊躇していたことに比べれば、既に20年近く慣れ親しんだWindowsの発展形ですから、習熟にさほど時間はかからないと思います。

さて、本題はそのWindows 8で、CorelDRAW Graphics Suiteが動作するのか、という点です。これまで使ってきたWindows 7同様、CorelDRAW Graphics SuiteのX4、X5、そしてX6(X6のみ英語版で、他は日本語版)をWindows 8 Release Previewにインストールしてみましたが、いずれも問題なく動作しています。 「Windows 8におけるCorelDRAW」の続きを読む→

krzm.jp:not(so-called mobile friendly)