タグ「マルクス主義経済学」

価値創造を巡る三つの視点

効用(限界効用説)

唐突ですが、経済生活における「物」の価値は、何によって決まるのでしょうか? また、その価値を生み出しているのは、誰なのでしょうか? 初めに、いわゆる「効用」という観点から、これらを考察していきます。

付加された価値

一般に、何らかの商品が、競合商品よりも売れるようにするためには、「付加価値」が必要だと言われます。もしくは、「付加価値」があるからこそ、その商品は他のものよりも売れるとされます。そして、商品開発とは、付加価値を創造することだとされています。

価値の有用性としての効用

付加価値を持つものは、そうでないものよりも多くの有用性があり、人々はその有用性を求めて商品を購入します。もちろん、有用性とは購入者にとって得になるものであり、その効用に対する期待度が、購入動機となります。そして、購入者は効用に対価を支払うことになるので、効用の有無や大小が、経済生活の価値を体現することになります。

また、今日の産業構造において、効用は“物”(=財)に付随するだけでなく、様々なサービスにも含有されています。実際、工業化以降の社会では、サービス業や情報通信業によって、無形の効用が氾濫しているかのように見えているのではないでしょうか。そして、価値の創造者、すなわち「クリエイター」とは、有形よりは無形の付加価値を、より多く生み出せる人々に冠せられた称号だと言えます。

効用による価値表現

高付加価値な商品は、より多くの利益を生む出す可能性がありますが、一方で、世の中には低い価値の商品もたくさん販売されています。例えば、1杯数千円のラーメンが高級店で供される一方で、100円未満のカップ麺をスーパーで買うことができます。

こうした価値の偏差の存在も、効用が説明しようとします。すなわち、ある人が高級ラーメンからは「自分へのご褒美」といったような一過性の効用を得て満足することもあれば、日々の生活レベルに収まる範囲で「毎日ラーメンが食べたい」という効用を得るため、低価格カップ麺も買うといった具合です。そうした効用に適合するのであれば、高額商品も廉価商品も、価値を生むという理屈です。

もちろん、人類全般の社会格差に応じて、金持ちはあらゆるレベルの効用が獲得可能であり、貧乏人は廉価な大量生産品で充足可能な効用が与えられ、経済生活の秩序が成り立っていると捉えることもできるでしょう。

心理現象としての効用

しかし、効用によって説明された「価値」は、実のところ、その配分を説明しているだけであって、それがどのように生み出されているかについては答えてはいません。他の商品に対し、当該商品には付加価値があるという表現は、価値の大きさを比較しているのであって、価値の量について語っているに過ぎません。

では、商品の有用性が価値なのでしょうか? 確かに、物の有用性は、それに対する期待や幻想を含めて、当該商品に人を惹き寄せる要因です。しかし、それは人の心の中で、人それぞれに異なる強さを持って生じる、心理的な現象です。

そうした心の領域に生じるものが、なぜ、商品価格を携えて、市場に現れるのでしょうか? その、物質的な基礎もしくは裏付けは、いったい何なのでしょうか? すなわち、「効用に価値がある」と言っているだけでは、価値そのものが何であるかを語ってはいないのです。

「価値創造を巡る三つの視点」の続きを読む→

krzm.jp:not(so-called mobile friendly)