タグ「X7 Update 1」

CorelDRAW X7 Update 1提供開始

機能の拡張

Corel社より、CorelDRAW Graphics Suite X7 Update 1の提供が開始されました。
Update 1で拡張された機能は、以下の3点です。

  1. ウインドウの枠色変更
  2. ステータスバーの上部表示
  3. VBA オブジェクトモデルの拡張

ウインドウの枠色

X7では、アプリケーションやダイアログ ウインドウやの枠色が、白色に固定されていました。それを、「オプション」ダイアログの「カスタマイズ」-「ウィンドウの枠」カラーボックスで指定できるように変更されています。このボックスをクリックするとカラーパネルが表示され、色を選択できるほか、スポイトツールでWindowsデスクトップから色を拾ってくることも可能です。

ただし、ここで指定した色は、各ウインドウ枠に常に表示され、非アクティブ ウインドウも同じ色になります。また、設定した色は、すべての作業環境に反映されます。さらに、「オプション」ダイアログで「コントラスト」の項目を変更すると、「ウィンドウの枠」は白色に戻ってしまうので、操作順序には注意が必要です。

ステータスバーの上部表示

従来(X6まで)、CorelDRAWやPHOTO-PAINTでは、ステータスバーをアプリケーション ウインドウの下辺だけでなく、上辺にも表示させることが可能でした。X7では、そのオプションが無くなっていたのですが、Update 1で復活したということです。

具体的には、ステータスバーを右クリック→コンテキストメニューの「カスタマイズ」-「ステータスバー」に「位置」項目が復活し、「上端」もしくは「下端」が選択できるようになっています。

VBA オブジェクトモデルの拡張

これは、VBAを利用したCorelDRAWのアドオンプログラムの作成をより容易にするため、新しいAPIセットを追加したというものです。


以上のように、今回のアップデートでの本質的な機能拡張はVBA関連で、他の2つはオマケのようなものです。私自身には、VBAプログラミングを行う技量は無いので、今回のアップデートはウインドウ枠の色を変えて楽しむ程度のものでした。なお、プレミアムメンバーシップの特典である「新機能の早期追加」は、今年後半に予定されているUpdate 2で行われることになります。

「CorelDRAW X7 Update 1提供開始」の続きを読む→

krzm.jp:not(so-called mobile friendly)