CorelDRAW X7 Update 1提供開始

機能の拡張

Corel社より、CorelDRAW Graphics Suite X7 Update 1の提供が開始されました。
Update 1で拡張された機能は、以下の3点です。

  1. ウインドウの枠色変更
  2. ステータスバーの上部表示
  3. VBA オブジェクトモデルの拡張

ウインドウの枠色

X7では、アプリケーションやダイアログ ウインドウやの枠色が、白色に固定されていました。それを、「オプション」ダイアログの「カスタマイズ」-「ウィンドウの枠」カラーボックスで指定できるように変更されています。このボックスをクリックするとカラーパネルが表示され、色を選択できるほか、スポイトツールでWindowsデスクトップから色を拾ってくることも可能です。

ただし、ここで指定した色は、各ウインドウ枠に常に表示され、非アクティブ ウインドウも同じ色になります。また、設定した色は、すべての作業環境に反映されます。さらに、「オプション」ダイアログで「コントラスト」の項目を変更すると、「ウィンドウの枠」は白色に戻ってしまうので、操作順序には注意が必要です。

ステータスバーの上部表示

従来(X6まで)、CorelDRAWやPHOTO-PAINTでは、ステータスバーをアプリケーション ウインドウの下辺だけでなく、上辺にも表示させることが可能でした。X7では、そのオプションが無くなっていたのですが、Update 1で復活したということです。

具体的には、ステータスバーを右クリック→コンテキストメニューの「カスタマイズ」-「ステータスバー」に「位置」項目が復活し、「上端」もしくは「下端」が選択できるようになっています。

VBA オブジェクトモデルの拡張

これは、VBAを利用したCorelDRAWのアドオンプログラムの作成をより容易にするため、新しいAPIセットを追加したというものです。


以上のように、今回のアップデートでの本質的な機能拡張はVBA関連で、他の2つはオマケのようなものです。私自身には、VBAプログラミングを行う技量は無いので、今回のアップデートはウインドウ枠の色を変えて楽しむ程度のものでした。なお、プレミアムメンバーシップの特典である「新機能の早期追加」は、今年後半に予定されているUpdate 2で行われることになります。

性能と安定性の修正

以上、3つの機能拡張の他に、Update 1では以下のような性能と安定性の修正が施されています。

カラーマネジメント
「デフォルトのカラーマネジメント設定」ダイアログで「プライマリ カラー モード」をCMYKからRGBへ変更可能
ファイル入出力
タイトルバーで「&」を含むファイル名を正しく表示。および、こうした名称のファイルを正しく保存
Dropboxフォルダー内にあるファイルの編集/保存が可能
カスタム ビットマップ透明度のコピーによるプログラムの停止を修正
モノクロ ビットマップにおけるソフトマスクをPDFエクスポートで保持
X7とそれ以前のバージョンがインストールされている環境で、旧バージョンファイルのサムネールを保持
エクスポートにおける、リンクファイルの正確な更新
PHOTO-PAINTでPhotoshopファイルを開く際の、フォントの保持
CorelDRAWおよびPHOTO-PAINTで、ファイルを開く/インポート時に起きるダウンロードビットマップの変形を修正
CorelDRAWファイルを開くとき、特定のフォントによるテキスト表示の問題を修正
塗りつぶしとスタイル
PHOTO-PAINTにおいて、「塗りつぶしの編集」ダイアログからのビットマップパターンおよびテクスチャ塗りつぶしの適用が可能
切り抜きツールで切り抜いたオブジェクトで、グラデーション塗りつぶし位置を保持
グラデーション塗りつぶし/透明パターンの、インタラクティブツールによる自由変形/斜変形が可能
カラースタイルの編集をやり直した場合、当該スタイル適用オブジェクトは元の色を維持
フィルター
PDFエクスポートにおいて、透明とグラデーション塗りつぶしを適用したオブジェクトは(境界ボックス無しで)期待どおりに表示
AutoCADで作成したPDFファイルのインポートが可能
Microsoft Publisher 2010で作成したPDFファイルのインポートで、すべての文字を保持
Adobe Illustratorファイルのインポートで、レイヤの順序を保持
PDFエクスポートにおいて、非表示かつプリント可能なレイヤを保持
オブジェクトとその属性
「オブジェクトの座標位置」ドッキングウインドウにおいて、値を正しく更新
エンベロープ効果において、長方形オブジェクトを作成元の形状として利用可能
PHOTO-PAINTにおいて、1ピクセルの線や境界に透明度を適用した際の問題を修正
PHOTO-PAINTにおいて、ズームレベル100%未満での整列ガイドの問題を修正
オブジェクト原点の設定に係わらず、反射オブジェクトのサイズを保持
OLE
Microsoft Wordのウインドウ内でCorelDRAWもしくはPHOTO-PAINTのOLEオブジェクトを編集する際、Wordのリボンインターフェイスを非表示にしてCorelDRAW/PHOTO-PAINTのインターフェイスを表示
パレット
ドッキングウインドウにおけるカラーパレットの位置を保持
「マイ パレット」フォルダー外に保存したカスタムパレットを正しく表示
印刷
インポジション レイアウトにおいて、テンキーパッドのキーでページ番号の追加と削除が可能
プリント プレビューにおいて、オブジェクトの削除を不可
テキスト
CorelDRAWファイルにおいて、埋め込みフォントを適切に保存/表示
サイン シンボル フォントの、期待どおりの使用
キーボード ショートカットキーによる、フォントサイズの変更が可能
テキストの、正確なオブジェクトとの整列
フォント リストボックスとライブ フォント プレビューの、期待どおりの動作
「テキストの編集」ダイアログにおいて、キーボード ショートカットキーによるコピー&ペーストが機能。
および、同ダイアログのサイズ変更において、テキストが期待どおりに適合して表示される
ユーティリティ
CorelDRAW/PHOTO-PAINTファイルの作成が、CONNECTに即座に反映
X3以前のクリップアートが、英語以外でも正しく検索可能
QRコードのMe-CardやV-card情報を、サーバーに正しく送信
作業環境とカスタマイズ
ツールバーがロックされていない状態において、ツールボックスバーのフライアウトをフロート表示可能
コマンドにカスタムアイコンを指定可能
「オプション」ダイアログ「カスタマイズ」-「コマンド バー」パネルでの変更が、コマンドバーの表示に正しく反映
「F8」キー起動(出荷状態への初期化)時に、アプリケーションがアクティブ ウインドウの背面には表示されない
ページタブ上へのオブジェクトのドラッグ操作で、ページが切り替わってしまうことを修正
フロート表示したドキュメントでも、正確なズームレベルで表示
ページサイズに「名刺」プリセットを使用しても、ページ方向の変更が可能
ステータスバーを上部に表示させることが可能

krzm.jp:not(so-called mobile friendly)