カテゴリー「PHOTO-PAINT」

CorelDRAW Graphics Suite X6.1 日本語版インストール

はじめに

8月末にCorelDRAW Graphics Suite X6.1 日本語版が発売されました。先に、英語版等のUpadate1が公開され、X6からX6.1へのアップグレードが行われましたが、日本語版は初めからX6.1の状態になっています。

「CorelDRAW Graphics Suite X6.1 日本語版インストール」の続きを読む→

Windows 8におけるCorelDRAW

マイクロソフトの次期OS、「Windows 8」は着々と開発が進んでいるようですが、6月1日には、リリース候補版に相当する「Release Preview」が一般にも公開され、試用できるようになっています。

http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/release-preview

私も、ちょうど先月末、CPUとマザーボードを取り換えたので、そのついでにパソコンのOSもWindows 8 Release Preview 64bitに切り替えてみました。「Metro」と呼ばれる新しいインターフェイスが導入されたこともあり、Windows 8の新しい操作方法に慣れる必要があるので、使う前は「いったい、Metroってなんだ?」という気後れ的なものも感じていました。まあ、初めてパソコン、というよりワープロを使った時(1980年代前半頃のことです)、「いったい、キーボードってなんだ? どうやって文字を入れるんだ?」と躊躇していたことに比べれば、既に20年近く慣れ親しんだWindowsの発展形ですから、習熟にさほど時間はかからないと思います。

さて、本題はそのWindows 8で、CorelDRAW Graphics Suiteが動作するのか、という点です。これまで使ってきたWindows 7同様、CorelDRAW Graphics SuiteのX4、X5、そしてX6(X6のみ英語版で、他は日本語版)をWindows 8 Release Previewにインストールしてみましたが、いずれも問題なく動作しています。 「Windows 8におけるCorelDRAW」の続きを読む→

効果とマージモードによる絵画調表現

はじめに

「西高 1979」イラスト
絵画風に加工した「西高 1979」イラスト

先に作成したイラスト「西高 1979」を、PHOTO-PAINTを使ってより”絵画”的に仕上げてみした。この記事では、その技法を紹介します。

「効果とマージモードによる絵画調表現」の続きを読む→

X6 製品パッケージ

X6 製品パッケージの写真
X6 製品パッケージ

CorelDRAW Graphics Suite X6(英語版)のパッケージです。

X5日本語版よりも、さらに小さなサイズで、ほぼB5判ぐらいです。その割に、ずっしりと重いのですが、中には、ハードカバーのガイドブック、クイックリファレンスカードが入っています。

パッケージの中身の写真
ガイドブックとクイックリファレンスが入っている

つまりパッケージは、ガイドブックそのもののサイズなのでした。

X6 ガイドブックの写真
ハードカバーのガイドブック

インストール&コンテンツDVDは、表紙の裏に封入されています。

X6 DVDディスクの写真
インストール&コンテンツDVD。ガイドブックの表紙裏に入っている

DVDからのインストールは、X5とほぼ同じで、本体プログラムの他にはGhostScript、コンテンツ、スクリーンセーバー等がオプションです。

DVDからのインストール画面
DVDからのインストールオプションは、X5とほぼ同じ

Corel PHOTO-PAINT X6 新機能

概要

CorelDRAW Graphics Suite X6のうち、PHOTO-PAINTの最新機能について、概要を紹介します。これらは、PDF版の「CDGSX6 Reviewers Guide」を参考に、実際の機能を試したうえでまとめてあります。なお、各機能の詳細は、また別の記事で解説していきます。

スマート カーバー(新機能)

スマート カーバー(Smart Carver)は、画像の縦横比を変えて変形する際、特定部分のみ縦横比を維持させたり、もしくは削除させたりすることが可能な効果です。これによって、画像の一部分を変形の歪みから保護することができます。

スマート カーバー効果は、カットアウトやイメージ調整のような「ラボ」形式のダイアログで提供されます。

グループ クリップマスク(新機能)

グループ化したオブジェクトに対し、個々のオブジェクトだけではなく、グループ全体のクリップマスクを作成できるようになりました。

パススルー マージモード(新機能)

グループ化したオブジェクトに対して、「パススルー」マージモードが追加されました。

OpenType機能のサポート(新機能)

PHOTO-PAINTも、OpenTypeの拡張文字セット切り替え機能に対応しています。それに伴い、「文字フォーマット」ドッキングウインドウの機能も拡張されています。

また、CorelDRAWと同じく、インタラクティブOpenType機能もサポートします。

32bitと64bitをインストール

動作環境

CorelDRAW Graphics Suite X6は、32bitとともに64bitアプリケーションが提供されていますが、64bit版(以降、X6 64bit)には一定の制限があります。
まず、Windowsも64bit版でなければ、X6 64bitはインストールできません。X6の動作環境にはWindows XPも含まれていますが、64bit版XPは対象外です。ですから、X6 64bitの動作環境は、Windows VistaとWindows 7の64bit版に限られます。

機能の制限

また、X6 64bitでは、一部の機能が動作しません。まず、TWAINやWIAの32bitドライバを使ったスキャナによる画像の取り込みができません。たとえば、私は複合機のEPSON PM-A890を使っていますが、64bit版として提供されているドライバを使っても、認識されませんでした。同様に、32bit版のプラグインソフトも、X6 64bitでは認識されません。これらの問題は、特にPHOTO-PAINTで、従来の作業に支障を与える恐れがあります。

32bitと64bitの両立

そこで本題なのですが、こうした問題は現時点では解決されていないので、X6は32bit版と64bit版を同じシステムにインストールできるようになっています。つまり、X6 64bitで利用できない機能は、X6 32bitで代行しようという、妥当な解決策です。 「32bitと64bitをインストール」の続きを読む→

CorelDRAW X6

昨日、CorelDRAW Graphics Suiteの最新版である、X6が発売されました。

現時点では、英語版とスペイン語版のみで、日本語版はありません。これは、従来通りの発売スケジュールのようで、日本語版はService Pack1の登場を待って、発売されることになると思われます。

「CorelDRAW X6」の続きを読む→

krzm.jp:not(so-called mobile friendly)