プレミアムメンバーシップでのX7アップグレード

概要

CorelDRAW Graphics Suite X6で、プレミアムメンバーシップに加入している場合、その会費(年間1万円)を支払いメンバーシップが継続されている間は、X7へのアップグレードが可能です。

ただし、X6のアップデートのように、更新プログラムをダウンロードしてX6を上書きするわけではありません。別途、シリアル番号とX7自体のセットアップファイルを入手する必要があります。

シリアル番号とファイルの取得

それには、まずCorelアカウントにサインインします。CorelDRAWもしくはPHOTO-PAINTを起動し、メニューバー「ヘルプ」-「アカウント設定」をクリックして、「サインイン/アカウントの作成」を開きます。

アカウント入力画面
「アカウント設定」からサインイン

ここでメールアドレスとパスワードを入力し、サインインします。もしくは、ブラウザーでCorel社サイト(イーフロンティアのCorelサイトではありません)にアクセスし、そこからサインインします。

Corel社日本語Webページ
Corel社のホームページからもサインインできる

次に、「製品」-「メンバーシップ/登録特典のダウンロード」をクリックし、ダウンロードページへ移動します。

「メンバーシップ/登録特典のダウンロード」の画面
「メンバーシップ/登録特典のダウンロード」をクリックする

ここの中に、既に「CorelDRAW Graphics Suite X7」の項目が追加されているので、「シリアル番号を検索する」をクリックします。加入しているプレミアムメンバーシップ数だけ項目があり、クリックした後にそれぞれシリアル番号が表示されます。X7セットアップ時に、この番号の入力が必要ですから、暗記するかコピーしてテキストファイル等に保存しておきます。

ダウンロード画面
「シリアル番号を検索する」をクリックすると、番号が表示される。また、ダウンロードする言語、プラットフォームを選択する

また、セットアップファイルも、この項目から言語とプラットフォーム(64/32ビット)をリストボックスから選択し、「ダウンロード」をクリックして保存します。セットアップファイルは、言語/プラットフォーム別の単体版で、たとえば日本語64ビット版の場合は、「CorelDRAWGraphicsSuiteX7Installer_JP64Bit.exe」というファイルとしてダウンロードされます。

X7のインストール

あとは、このファイルを実行し、先に取得したシリアル番号を入力してセットアップを行います。

シリアル番号入力画面
取得したシリアル番号を入力してセットアップを行う

セットアップは、従来と同じように、X6やそれ以前とは別のフォルダーにインストールされるので、X7と旧バージョンを共存させることが可能です。プレミアムメンバーシップのアップグレードでも、これは変わっていません。

セットアップ後、初回起動時にCorelアカウントへのサインインが求められるので、サインインしたうえでアプリケーションを起動すると、プレミアムメンバーシップでX7が実行されます。

起動時のサインイン画面
初回起動時に、Corelアカウントでサインインする
プレミアムメンバーシップの表示
緑色のアイコンが、プレミアムメンバーシップでのサインインを表す

これらの一連の処理が終わると、当該メンバーシップに対して、X7のシリアル番号が登録されます。これは、やはりメニューバー「ヘルプ」-「アカウント設定」から、「メンバーシップと登録」で確認できます。

メンバーシップとシリアル番号の確認画面
メンバーシップに当該シリアル番号が関連付けられる

インストール後の状態

メンバーシップにX7が登録されると、「メンバーシップ/登録特典のダウンロード」には、新たに「Corel Website Creator (for CorelDRAW Graphics Suite X7)」と「CorelDRAW Graphics Suite X7」の項目が追加されます。

追加されたダウンロード項目
ダウンロードの項目に、Website Creatorと、”バックアップ用”のX7多言語セットアップファイルが追加される

Corel Website Creatorは、X6にも付属していた、Webサイト作成ツールです。また、追加された2つ目の「CorelDRAW Graphics Suite X7」は、X7のバックアップ版と表記されていますが、たとえば64ビット版の場合は「CorelDRAWGraphicsSuiteX7Installer_64Bit.exe」というファイルで、サイズからもわかるとおり、各言語パックが包含された、多言語版セットアップファイルになっています。そして、このファイルからもセットアップが可能です。

既に単体の言語でX7をインストールした後に、このファイルで再セットアップを行うと、インストール済みファイルが削除されたうえで、多言語版がインストールされます。

バックアップファイルからのインストール画面
”バックアップ”のセットアップファイルには各言語パックが含まれているので、インターフェイス言語を選択可能

krzm.jp:not(so-called mobile friendly)