カテゴリー「ニュース」

Windows 8.1 Update

スタート画面

Windows 8.1の改良版である「Windows 8.1 Update」が、昨日発表されました。
今回の“目に見える”部分での改良のひとつは、スタート画面に施されています。画面右上には「電源」アイコンが常時表示され、シャットダウンや再起動へのアクセスが容易になりました。また、左下のアプリ一覧画面への切り替えアイコンでは、横に最近インストールしたアプリケーションの数が表示されるようになりました。

改良されたスタート画面
スタート画面の右上には「電源」アイコンが追加された。また左下には、新規インストールしたアプリケーションの数も表示されるようになっている

アプリ一覧画面でも、「NEW」アプリケーションには背景色が着き、新規インストールしたものが区別しやすくなっています。

改良されたアプリ一覧画面
新規インストールされたアプリケーションは、背景色で区別されている

「Windows 8.1 Update」の続きを読む→

CorelDRAW X7 登場

というわけで、何かの前触れとは、新バージョン「CorelDRAW Graphics Suite X7」の登場のことでした。

CorelDRAW X7の画面
CorelDRAW X7の勇姿。表示している私のイラストは、X7のギャラリーにも掲載されている

前バージョンより、CorelDRAWメンバーシップが創設され、プレミアムメンバーシップの場合はそのままX7へアップデートできることもあり、最初から日本語版も用意されています。

なお、アップデートの方法や、新機能等の紹介は、追って掲載していきます。

Corel Designs 2.0

Corel社のWindowsストアアプリ、「Corel Designs」が2.0にアップデートされました。

CorelDRAWメンバーシップとの連携、TrayのMicrosoft OneDriveとの同期といった、基本的な機能に大きな違いは無いようですが、WQHDディスプレイ環境でも安定して動作するようになりました。また、Corelのクリップアートを提供している項目が、従来の「Content Providers」-「Corel」から、「Content Providers」-「Content Exchange」に変更されています。

Designs 2.0の画面
Designs 2.0の表示画面。Corelのクリップアートは、「Content Exchange」として提供されている

これは”何か”の前触れかもしれませんね。

CSS3モジュール一覧更新(2014年3月)

CSS3モジュール一覧更新」のページを更新しました。2013年11月21日以降の更新は、以下のとおりです。

CSS Syntax Module Level 3
2014年2月20日に更新。勧告候補に昇格
Compositing and Blending Level 1
2014年2月20日に更新。勧告候補に昇格
CSS Display Module Level 3
2014年2月20日に作業草案として新規追加
CSS Font Loading Module Level 3
2014年2月20日に作業草案として新規追加
CSS Regions Module Level 1
2014年2月18日に更新
CSS Masking Module Level 1
2014年2月13日に更新。最終草案から作業草案に格下げ
CSS Shapes Module Level 1
2014年2月11日に更新。最終草案
CSS Backgrounds and Borders Module Level 3
2014年2月4日に更新。前回(2012年7月24日)の勧告候補から最終草案に格下げ
Encoding
2014年1月28日に作業草案として新規追加
CSS Grid Layout Module Level 1
2014年1月23日に更新
CSS Fragmentation Module Level 3
2014年1月16日に更新
CSSOM View Module
2013年12月17日に更新
CSS Object Model (CSSOM)
2013年12月5日に更新
CSS Writing Modes Level 3
2013年11月26日に更新。最終草案
CSS Transforms Module Level 1
2013年11月26日に更新。旧称「CSS Transforms」から、Level 1として再定義
Filter Effects Module Level 1
2013年11月26日に更新。旧称「Filter Effects 1.0」から、Level 1として再定義

注目点としては、以下の4点が挙げられます。

  • CSS Transform、Filter Effects 1.0は「Level 1」として再定義
  • CSS Display Module Level 3、CSS Font Loading Module Level 3、Encodingの3モジュールを新規追加
  • CSS Syntax Module Level 3とCompositing and Blending Level 1が勧告候補に昇格
  • CSS Masking Module Level 1とCSS Backgrounds and Borders Module Level 3は格下げ

更新をサボっていたので、変更項目が増えてしまいましたが、これらのうち、”格下げ”が特に注意を惹きます。Masking Moduleは最終草案から作業草案という、草案同士での逆戻りなので、まあ、”最終”と名乗るのを少し早まってしまったのかな、という感じです。しかし、Backgrounds and Borders Moduleは、勧告候補から草案への格下げです。こうした後退は起きないものだとばかり思っていましたが、あり得るんですね。CSSではありませんが、未だに勧告候補のHTML5も、作業草案に戻る可能性もあるかもしれません…などと、不安を煽っておきましょう。

CSS3モジュール一覧更新(2013年11月)

CSS3モジュール一覧更新」のページを更新しました。

このページの更新は、W3CのRSSニュースを受信して行っていたのですが、2013年8月以降ぱったりと通知が止み、策定作業は滞っているのだと思い込んでいたら、9月以降もしっかり更新されていました。ただし、RSSニュースは配信されなくなったようです。

この間の更新は、以下のとおりです。

CSS Style Attributes
2013年11月7日にW3C勧告へ昇格(仕様として確定)
CSS Fonts Module Level 3
2013年10月3日に勧告候補へ昇格
CSS Cascading and Inheritance Level 3
2013年10月3日に勧告候補へ昇格
CSS Grid Layout Module Level 1
2013年9月10日に更新
CSS Ruby Module Level 1
2013年9月19日に更新
CSS Text Module Level 3
2013年10月10日に更新。最終草案
CSS Writing Modes Level 3
2013年10月24日に更新
CSS Masking Module Level 1
2013年10月29日に更新。最終草案
CSS Syntax Module Level 3
2013年11月5日に更新。最終草案
CSS Transitions
2013年11月19日に更新

なお、CSS Grid LayoutとCSS Ruby Moduleは、「Level 1」に分類されなおされています。

CorelDRAW X6.4提供開始

概要

8月19日付で、CorelDRAW X6の最新アップデートである「X6.4 Update」の配布が開始されました。すでに一週間近く経っていますから、国内代理店イーフロンティアのサイトからもダウンロードできるようになっています。また、日本語のリリースノートも公開されています。

今回のアップデートでは、以下のフォント関連の機能が追加もしくは強化されています。

  • 「文字の挿入」ドッキングウインドウの機能強化
  • 「フォント プレイグラウンド」ドッキングウインドウの新設
  • 「フォント リスト」ドロップダウンリストの機能強化

「CorelDRAW X6.4提供開始」の続きを読む→

CSS3モジュール一覧ページ更新

Level 1のモジュール「CSS Shapes Module Level 1」が追加されたことに伴い、「CSS3モジュール一覧」ページを更新しました。

”CSS3 Level1”とでも呼ぶべきモジュールが増えたため、表や解説にも「Level 1」の項目を設け、それが明示されているものをまとめました。

こうした、CSS2以降に新規追加されたスタイルをLevel 1と呼ぶのであれば、すでに勧告候補になっている「CSS Flexible Box Layout Module」や「CSS Multi-column Layout Module」も、いずれはLevel 1として定義されるのでしょうか。まあ、最終的な仕様(W3C勧告)をきちんと確定してさえもらえれば、良いだけの話ですけれどね。

krzm.jp:not(so-called mobile friendly)