カテゴリー「CorelDRAW」

X6 製品パッケージ

X6 製品パッケージの写真
X6 製品パッケージ

CorelDRAW Graphics Suite X6(英語版)のパッケージです。

X5日本語版よりも、さらに小さなサイズで、ほぼB5判ぐらいです。その割に、ずっしりと重いのですが、中には、ハードカバーのガイドブック、クイックリファレンスカードが入っています。

パッケージの中身の写真
ガイドブックとクイックリファレンスが入っている

つまりパッケージは、ガイドブックそのもののサイズなのでした。

X6 ガイドブックの写真
ハードカバーのガイドブック

インストール&コンテンツDVDは、表紙の裏に封入されています。

X6 DVDディスクの写真
インストール&コンテンツDVD。ガイドブックの表紙裏に入っている

DVDからのインストールは、X5とほぼ同じで、本体プログラムの他にはGhostScript、コンテンツ、スクリーンセーバー等がオプションです。

DVDからのインストール画面
DVDからのインストールオプションは、X5とほぼ同じ

CorelDRAW 選択ツールの基礎

はじめに

ツールボックスバーの上端にある「 選択ツール」(Pick tool)は、作図中にオブジェクトを選択するための、もっとも基本的なツールです。この記事では、選択ツールの機能をまとめてみるとともに、CorelDRAW X6で追加された選択機能も紹介します。

「CorelDRAW 選択ツールの基礎」の続きを読む→

コンクリート表面の再現

はじめに

「浦和西高 1979」のコンクリートのイメージ

先に作品集に掲載した、「浦和西高 1979」では、建物の表面をコンクリート風に表現しています。これは、CorelDRAW X6の塗りつぶしと透明効果を利用したものです。この記事では、その技法を紹介します。

「コンクリート表面の再現」の続きを読む→

CorelDRAW X6 新機能/機能拡張

概要

CorelDRAW Graphics Suite X6のうち、Graphics Suite全般と、CorelDRAW、CONNECTの最新機能について、概要を紹介します。これらは、PDF版の「CDGSX6 Reviewers Guide」を参考に、実際の機能を試したうえでまとめてあります。なお、各機能の詳細は、また別の記事で解説していきます。

CorelDRAW X6 スプラッシュスクリーン
CorelDRAW X6

「CorelDRAW X6 新機能/機能拡張」の続きを読む→

32bitと64bitをインストール

動作環境

CorelDRAW Graphics Suite X6は、32bitとともに64bitアプリケーションが提供されていますが、64bit版(以降、X6 64bit)には一定の制限があります。
まず、Windowsも64bit版でなければ、X6 64bitはインストールできません。X6の動作環境にはWindows XPも含まれていますが、64bit版XPは対象外です。ですから、X6 64bitの動作環境は、Windows VistaとWindows 7の64bit版に限られます。

機能の制限

また、X6 64bitでは、一部の機能が動作しません。まず、TWAINやWIAの32bitドライバを使ったスキャナによる画像の取り込みができません。たとえば、私は複合機のEPSON PM-A890を使っていますが、64bit版として提供されているドライバを使っても、認識されませんでした。同様に、32bit版のプラグインソフトも、X6 64bitでは認識されません。これらの問題は、特にPHOTO-PAINTで、従来の作業に支障を与える恐れがあります。

32bitと64bitの両立

そこで本題なのですが、こうした問題は現時点では解決されていないので、X6は32bit版と64bit版を同じシステムにインストールできるようになっています。つまり、X6 64bitで利用できない機能は、X6 32bitで代行しようという、妥当な解決策です。 「32bitと64bitをインストール」の続きを読む→

CorelDRAW X6

昨日、CorelDRAW Graphics Suiteの最新版である、X6が発売されました。

現時点では、英語版とスペイン語版のみで、日本語版はありません。これは、従来通りの発売スケジュールのようで、日本語版はService Pack1の登場を待って、発売されることになると思われます。

「CorelDRAW X6」の続きを読む→

krzm.jp:not(so-called mobile friendly)