日: 2014年4月15日の投稿

いわゆる「所謂」

たとえば、2009年以前にWebページレイアウトの主流だった、「いわゆるレイアウトテーブル」。ブラウザーのスタイルシートへの対応度がまちまちだったため、ページの内容を段組みで表したい時などにスタイルシートを使わず、table要素の行列構造を利用する方法のことです。table要素は、あくまでも表形式のデータ構造を表すためのものですから、それをレイアウト目的で使ってしまうのは、文書構造上の意味(いわゆるセマンティックス)を侵害することになります。 ...(続きを読む

krzm.jp:not(so-called mobile friendly)